スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
サーフィンの聖地の危機です。
2010 / 02 / 13 ( Sat )
千葉の海はいま大変な事になっています!
 今回の工事についての地域住民への説明会など何もないまま、一宮のサンライズポイントで、またヘッドランド(人口岬)の工事が始まりました。サンライズの工事が終われば、東浪見、志田下と工事が予定されています。景観が悪くなるだけではなく、このままでは、この辺りの海はテトラで囲まれてしまい波乗りをする事が出来なくなってしまうかも知れません・・・
 千葉県が海岸侵食を守るために、昭和63年以降おこなっているヘッドランド(人口岬)工法については、住民や海岸利用者の間に、「本当にこれで砂浜が回復されるのか?」、「景観や自然環境を破壊しないで海岸の浸食を防止する対策は他に無いのか?」といった疑問や批判の声があります。多額の税金を投入しておこなう公共工事は、専門家や住民の声を聞いて合意形成を計りながら進めていく必要があります。
 『千葉県長生郡一宮町海岸侵食対策事業6号ヘッドランド工事を一時中止する要望』の署名用紙と工事計画図、資料を添付しますので、ご協力をお願いします。
 2月20日に一度まとめて、集まった署名を前原国土交通大臣、森田千葉県知事、玉川一宮町長に提出する予定です。
 工事のスピードが凄く早いので、早急に工事中止の要望書を国土交通省、千葉県、一宮町に提出して、地域住民への説明会が行われるまで工事をなんとか一時ストップさせて、その間に代替案などの模索や、今後の対策を皆で考えていきます。
 この活動は、ただやみくもに工事の中止を求めるのではなく、皆が情報を共有、納得をし、また本当に九十九里浜を守れる最良の方法を模索し、国・県・町などの行政に提案していくための活動です。そして九十九里浜でおこなわれる工事を、日本全国で今後おこなわれるであろう同様の工事の成功事例として役立てていければとも考えています。
署名の方法
1:『一宮の海岸環境を考える会』に直接持参
2:『一宮の海岸環境を考える会』に郵送
3:『一宮の海岸環境を考える会』のホームページからの電子署名(携帯&PCとも署名が出来ます)
※署名用紙のFAXでの受付は不可です。
締め切り:2月20日到着分まで(その後も署名は継続)


一宮の海岸環境を考える会
代表 小松直之
緊急準備室
〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見7428-3
TEL&FAX 0475-42-1173
E-mail:kaigan@marvelosu-jp.com
HP:http://www.ikaigan.com/
  

text by proBB Naohito Ishii
スポンサーサイト
22 : 58 : 09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<美容院♪ | ホーム | 初めての…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tyronkamoyuri.blog87.fc2.com/tb.php/999-ebfb7ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。