スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
産科医 無罪について
2008 / 08 / 20 ( Wed )
みなさんは、今日テレビで、産科医の無罪判決を見ただろうか?

この事件は、産婦人科医が、29歳の女性を帝王切開した際に、ある特殊な例により、女性が死亡してしまった件で、医師が逮捕されたという事件

ある特殊な例というのは、前置胎盤と、癒着胎盤が両方併発している、とてもリスクが高い例

分かりやすくゆうと、胎盤が赤ちゃんの出口(子宮口)を塞いでいる上に、胎盤が子宮の内側にべったりくっついて、はがれない(普通は赤ちゃんがでたら自然に剥がれる)という、1000人に1人、いや、もっと珍しいと言われている例だ

しかも、癒着胎盤かどうかは、大抵手術してからではないとわからないので、あらかじめ大学病院などに送ったりする措置ができない

お産というのは命がけなのだ、昔なら、どちらか一つでも、母子共に助からなかった話だ

ミスをしたのではなく、患者さんの特殊な体質により、助けられなかったのに手錠をかけられて、拘留させられるのは、絶対におかしいと思う

警察は、高度な医療内容をしらないのに、そんなに簡単に、人を逮捕し、責任はないのだろうか?

この事件をきっかけに、国内の産婦人科が次々に閉鎖(70以上の産科医療施設が閉まったらしい)

また、訴訟されてしまうかもしれないような、ハイリスクな患者のたらい回し

私も実際この地域で働いていて、救急車が、病院を10数件も断られているので、なんとか受けてもらえないかという電話を、夜間何度も受けている

この逮捕により、国内で、医療の萎縮がすすんでしまったのは確か
救急、産科については崩壊している地域も多い

無罪になりましたが、先生の数年間、この地域から、貴重な熟練した産科医を奪ってしまった事は取り返しがつかない

この先生は、以前福島医大に勤務しており、私たちの恩師です

熱心に、真面目に私たちに教えてくれた先生の講義、輸血におけるGVHD、先生の教えを胸に、今日もクロスマッチの必要性を認識しながら、患者さんに採血させて頂いてます

先生お疲れ様でしたm(__)m
スポンサーサイト
15 : 12 : 20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<オーシャンズ親子サーフィンスクール☆ | ホーム | ピーチのこ○もん攻撃!!>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/08/21 17:54 * [ 編集] | page top↑
----

本当に残念な話しです。家族も説明を聞き承諾してのオペのはず真実を聞き受け止めるはずなのに。
by: * 2008/08/22 10:20 * URL [ 編集] | page top↑
--確かにおかしい--

明らかな医療ミス(間違って変な薬入れたとか、鉗子とかを体に置き忘れたとか)があって、それを組織ぐるみで隠すとかは問題だけど、今回の話は明らかに行き過ぎた逮捕。
悲しい家族の気持ちも判らなく無いが、リスクに対して精一杯努力した相手に、お礼や労いではなく、訴えるなどと…ちょっと神経を疑いますね。
でも無罪判決で本当に良かったです。
by: H * 2008/08/22 16:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tyronkamoyuri.blog87.fc2.com/tb.php/603-c93e1a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。